*

シリコンバレー探検記 その1

      2018/12/19

こちらセールス&マーケティング統括部です。

社会見学第二弾という事で、今回はアメリカ西海岸シリコンバレーへ行ってきました。
第一弾は中国蘇州。

シリコンバレーといえばITの最先端の地。
企業価値ランキングでトップ30に入るような企業がいくつも本社を構えています。
(年収1300万ないと最低限の生活ができないそうです。)

今回の目的ですが、長野県産業戦略室様企画の「米国シリコンバレーにおける商談およびビジネスネットワーキング」への参加です。
長野県内のものづくり企業の活性化の為の活動で、シリコンバレーでの商談、展示会、企業訪問などをセッティングして頂きました。

成田から8時間のフライトでサンフランシスコへ…

今回は大きなトラブルもなく入国することができました。

着いて早々商談…ということはなく、サンフランシスコの街に繰り出します。

様々な映画の舞台となったダウンタウンを抜け、急な坂道を超え…

フィシャーマンズワーフへ到着。
有名観光地ということもあり、様々な言語が飛び交っていました。

せっかくの港町。海鮮料理を食べないわけにはいきません。
美味しい食べ物で英気を養い、明日からのミッションに備えます。

スマートデバイスストア

最新のスマートデバイスを展示、販売しているストアを訪問しました。

Target open House

b8ta San Francisco

スピーカー、時計など定番のものから歯ブラシ、サッカーボールなんかもありました・・・
なんでもスマートデバイスにしてしまう行動力に感心してしまいます。
なかでも片手サイズのフィットネス機器はとても心惹かれました。(最近運動不足なのです…)
使うだけで”スマート”になれそうです。

IoT TECH Expo

「Santa Clara Convention Center」で開催された「IoT TECH Expo」を見学しました。

日本の展示会と大きく違ったのは展示物が少ないという事。
なかには会社名しか書かれていないブースも・・・(見ただけで何の会社かわからないブースが大半でした。)
様子をみていると皆さん長い時間会話をしているようでした。
実績、実物を重視する日本と文化が大きく違いますね。

会場の真ん中に食事をするスペースがあるのも日本では見られない光景でした。

もうすぐクリスマス?

街頭や・・・

スーパーでも・・・

11月最終週にはもう街全体がクリスマスムードです。

 - マーケティング統括部