*

シリコンバレー探検記 2019 ~前編~

      2019/12/17

ソリューション統括部です。

8月末にIT最先端の地、アメリカ西海岸シリコンバレーに行ってきました。
今年の目的も去年と同様に、長野県産業戦略室様企画の「米国シリコンバレーにおける商談及びビジネスネットワーキング」に参加することです。
(前回のブログはこちら)

ただ今回は展示会への出展もあるので、果たしてどうなることやら・・・?
ちなみに前回参加した若手の方とは別の新米エンジニアが参加させていただき、この記事を書いています。
社会見学も兼ねていろいろな所を訪問しました。印象に残ったところをピックアップしてお届けします。

8時間ほどのフライトを終え、サンノゼ空港に到着。
荷物も無事に受け取れました。

空港を出ると、目を見張るほどの快晴です。あと道路が大きい。
このあたりの地域はこのような天気の日が多く、雨が降るのは年間で数十日だけだそうです。
ここからはレンタカーを借りて移動します。

 

Apple Park Visitor Center

なんとこれ、AR(拡張現実)でApple本社の建物全体を見れる展示です。面白いです。

 

Googleplex 

Googleplex(Google本社)の周辺も見学しました。
Androidのバージョンごとのコードネームをモチーフにした像が並んでます。
(最新バージョンではコードネームが廃止されましたが)
リネオのLINEOWarp!!もコードネームを付けておけば、こういう遊びの余地があったかもしれないですね。

 

Computer History Museum

計算尺からスマートフォンまで、古今東西の計算機が集められている博物館に行きました。

なんと最初期の電子式計算機、ENIACの実物が一部分だけあります!
 写真でしか見たことがなかったので感動です。

過去にリネオがお仕事で関わらせていただいたPDA(モバイル端末の一種)、Zaurusの展示も。
ただ残念ながら、弊社が関わるより前の機種だそうです。
こんな風に色々な展示があり、気づけば半日ほど滞在していました。

後編へ続きます。

 - 未分類